薬剤師はアルバイトでも稼げる!

薬剤師求人:薬剤師の時給が知りたい!

薬剤師の求人で時給を確認すると、一般的には二千円から三千円が平均となっています。他のアルバイトやパートの時給を見ても、ここまで時給のいい業種はまず見つからないでしょう。国家資格となる薬剤師は薬のエキスパートという専門的な職種な為、非正規雇用だったとしても高収入が望めます。
オペ室(手術室)看護師への転職について

また管理薬剤師のような管理職に通じる募集の中には、4000円弱という時給のものも存在するようです。高い時給を期待できるのはドッグストアになり、時点には調剤薬局、または病院などです。

先ほども簡単に触れましたが、薬剤師の時給が高い理由はエキスパート分野のひとつである薬剤師の国家資格が関わっています。薬学部のある大学試験にパスし、必要な学問を修め、国家試験を乗り越えることによってやっと薬剤師の資格を手にする事が可能です。

資格取得のためには時間もお金も必要となります。薬剤師の求人は、その時間とお金に見合った報酬を手にすることができるのです。

業務内容についてですが、薬剤師の非正規雇用の業務内容は正社員との差はほとんどないと言っていいでしょう。あえて言うなら勤務時間や勤務日数くらいです。時給の他にも気にしておきたいポイントはこの勤務日数や時間になります。

パートタイマーやアルバイトをしたいと考えているケースでは、週に五日間フルタイムで働くことではなく、週に三日ほど働きたい、というケースもあるかもしれません。

先方に自分の考えを受け入れてもらえるか確認しておく事は重要なことですし、ほとんどの求人には勤務日数の部分に「週に☆日以上働ける方」など書かれていると思いますので、必ずしっかりとチェックしておいて下さい。

次に仕事場までどの程度通勤時間が掛かるかを確認します。仕事場に着くまでに片道で一時間以上掛かる場合は少し考えてみた方がいいかもしれません。通勤時間に時間を取られすぎてしまううケースでは、仕事に行って帰るだけで疲労が溜まります。

雇うサイドとしても交通費の事がありますので、お互いにとって余りいいことではないですよね。また一般的にパートやアルバイトが残業することはめったにないと思いますが、忙しい季節には残業を頼まれることもあるかもしれません。

万が一残業が出来ない曜日など存在するようでしたら、そのことを先に伝えておくことも大切です。薬剤師の時給は先にも書きましたが、一日8時間よりも少ない時間で可能な仕事の場合、二千円から三千円前後が平均の自給となります。

パート、アルバイトの中で、一番多く出される募集はドラッグストアと調剤薬局ですので、フルタイムで仕事をするのが難しい薬剤師さんたちは、この二つの中から求人を見つけることになるでしょう。このようなケースでは一般的な時給がどの程度か先に知っておくことは、大きな強みとなります。

中にはもう少し高い時給で働きたいと思う人もいるかもしれません。時々三千円から四千円の求人が掛かる事がありますが、このような求人は企業が新しい企画を立ち上げる際に、退職者や出産や子育てなどで長い間仕事を休む社員がいた場合のみに出される求人と考えて下さい。

そのため定期的に出される求人ではありません。高い時給で薬剤師として勤務したい場合は、転職支援サイトに登録して、いつでも新しい情報を確認できる準備をしておくのがオススメと言えます。